2018/11/14

OMM / First half


20181110 sat - 11 sun OMM Japan 2018 奥三河大会・初日

TJAR(トランスジャパンアルプスレース)への憧れはあったが、
自分のポテンシャルやスキルは十二分に承知しているつもりだ。
だが、トレランではない山岳のアドベンチャーレースには出たかった。

数年前にOMM(オリジナルマウンテンマラソン)の存在を知った。
kumiちょもBSで放映される国内外のアドベンチャーレースが大好きであった。
ならば一度、夫婦でOMMにエントリーしてみるか!ってのが始まりであった。

OMMはスタートからゴールまで一切のエイドステーションがない。
目標になる目印や誘導も当然ない。最後まで自己責任でレースは行われる。
それに奥三河ではOMM史上最も難しいコース設定が高次元での読図力を試される。

スタート直前に磁北線の入った1/25000地図を渡される。
情報はその地図一枚のみである。
スタートからゴールまでの間に複数箇所のチェックポイントが記されている。
制限時間内に全てのチェックポイントを順番に回りゴールしたペアだけが完走になる。

2018/11/07

OMM Practice


20181103 sat - 04 sun 晩秋の八経ヶ岳

久しぶりの入山である。しかもテント泊にいたってはGWの涸沢以来だ。
翌週のOMMのためにもファストパッキングのプラクティスを兼ねている。
勿論足元はトレランシューズである。装備も徹底的にUL化を意識した。

その結果テント&シュラフ&その他諸々と水1.5Lで9kgに収まった。
バックパックは今回シェイクダウンとなったblooper backpacks 35Lである。
TJARに出場した多くの猛者達も愛用しているガレージメーカーだ。

日本一過酷なレースTJARで前人未到の4連覇という実績のある望月将悟氏。
彼も愛用者の一人である。 まあ、ミーハー気分でフルカスタムしたのが本音(笑
世界に一つだけのバックパック。モチベーション上げるには素敵すぎるよ♫

2018/11/05

Congratulations !


In the town where we first met, and on the mountain where we first hung out, 
I proposed to Ellie (and she said "Yes")!

ブラッドショー・エイモンのFACE BOOKより原文ママ


二人が出会った異国の町に戻り、
二人が初めてハイキングした梶ヶ森でプロポーズした。

Amon Bradshaw & Ellie-Jane Hibbs


なんて素敵な物語なんだ・・・
末長くお幸せに♫

2018/10/28

The Big Welcome !


20181026 fri 「山より宴オーストラリア支部長・再来日」 

エイモンとエリーに知り合ったのは2年前の夏、四国赤石山を縦走した時であった。
歳はすごく離れているヤングカップルなのだが誠実な彼らのことが好きになった。
2年前のクリスマスにはエイモン&エリーを大峰山へ案内した。
厳冬期の八経ケ岳を四人で楽しんだことも昨日のことようだ。part2はこちら。

その後も僕たちが四国に渡り彼らの自宅に泊めてもらい宴をしたり、
残雪の三嶺にも入山して親交を深めて行った。part2はこちら。

四国の大豊町という田舎町で英語教師をしていた彼らも日本を離れる日が来た。
若い彼らはバックパッカーとして、今は経験が最も欲しい財産なのだ。
三ヶ月以上かけてヨーロッパ10カ国ほどを回り帰国した。


2018/09/06

Stand Up Paddleboard 2018


20180902 SUN 日本海の福井高浜でSUPを楽しむ休日

例年なら晩夏の頃というくだりで書き始めると思うのだが・・・
今年の猛暑はいつ終焉となるのだろうか・・・
台風発生の確率も例年に比べ半端なく多い今年の夏・・・

去年初めて体験したスタンダップパドルボートの快感が忘れられず・・・
夫婦で今夏は講習会ではなく、SUPツアーに申し込もうと考えたいた。
波打ち際を飛び出してロングディスタンスをパドリングしてみたかった。

ホットスタイル小浜のドローン映像に惚れ込んで予約を入れた。
前泊したホテルうみんぴ最上階の特別室も最高の癒しを提供してくれた♬
当日の朝も天気予報は回復に向かい秋雨前線は南へと下りていった。

2018/08/23

Zenki Cider 2018


20180819 sun 盛夏の前鬼川遡行

辛うじて起床遭難することもなく自宅を出発できた日曜の朝。
kumiちょを一度は連れて行ってやりたいと考えていた沢。
でも前鬼って何回通ってもとにかく遠いよねぇ・・・

高速を降りてからの下道(国道)の距離感がハンパない・・・
和佐又山? めっちゃ近いやん! と思える感覚なのですよ(笑
まあ、それでも年に一度は前鬼で大峯ブルーを堪能したいと願う。

この週末は台風の影響もなく川の濁りや増水の不安もないと考えていた。
どこの沢よりも透明度が高く水深のあるパートは独特の大峯ブルーに輝く前鬼川。
今季は最初で最後になるかもしれない沢登りは大人の夏休みなのだ♬

2018/08/21

Summer Vacation 2018


20180812 sun 台風に翻弄された夏「石鎚山」

ブログを一ヶ月以上も更新しなかったのは初めてのことだと思う・・・
更新しなければ!!!的な勝手な義務感をブレイクスルーできた夏だよ♬
その昔、バウルーマザーmieがブログ断筆を清々しい気分だと語った。 
今はその言葉が痛いほど分かる今日この頃・・・

今年のサマーバケーションも去年の大雪山と同様に雨にやられた・・・
書くことは大してないのだが、自身の備忘録として残しておこうと思う。
当初の予定では北アルプスの扇沢から入山して針ノ木岳から蓮華岳〜北葛岳〜
七倉岳〜船窪岳へ縦走して平ノ渡へ渡船で黒部湖を渡って扇沢に戻る予定であった。

ところがどっこい!台風の影響で天気予報は傘マークのオンパレードになってしまった。
船窪岳から黒部湖までの下山ルートでは渡渉箇所も多いので増水も怖かった。
北アも南アも天候は宜しくない。ならば晴れマークが続く四国に急遽変更した。
海を渡り二泊三日のテン泊を予定して車を登山口へ走らせた日曜日。

2018/07/02

The beginning of summer


20180701 sun 若丹国境尾根「八ヶ峰」

久しぶりに芦生の森にホタルでも見に行こうと思っていたのだが、
現在、芦生の森(京大演習林)は立ち入り禁止区域が多くなっていた。
なので唯一のキャンプ指定地であった長治谷でのテン泊も禁止である。

そればかりか核心部の原始の森である櫃倉谷や上谷、野田畑周辺が
全てNGなので魅力ある場所がまったく歩けなくなっていた。
京都大学芦生研究林事務所に電話確認したが解除の予定も無いという。

入林者の急増とともにゴミ問題、盗難、林地の踏み固め、遭難事故の続出
といった問題が発生し一般の方の入林を規制することになったようだ。
もちろん高島トレイルの滋賀県側(三国峠)からの入山も禁止である。

2018/06/27

Heirloom


20180624 sun 「画廊で売約済みのシールを貼る愉悦」

去年に引き続き今年も若き天才作家に会うべく奈良に車を走らせた。
猿沢池で有名な近鉄奈良駅の南側一帯の奈良町を、
にゃらまち猫祭りと称して今年もイベントが行われている。

梅雨の晴間にまったりと古都の文化に触れるひと時が楽しい。
雑貨や飲食からギャラリーまで多種多様な店舗が猫を演出している。
猫好き達があれこれ猫グッズを物色しながら古都の町を散策する。

去年初めて彼の作品を見て衝撃を受けた。猫作家・加悦 雅乃である。
大きな作品には100万円・200万円のプライスが付いている。
洗練というよりはプリミティブな感性がアーティストとしての未来を感じる。


2018/06/17

Palme d'Or


2018 Jun 是枝監督作品映画「万引き家族」

下記、多少のネタバレご注意を・・・

カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞したという。
是枝裕和監督なら有りえるだろうと感じていた。
原作が無いのでまさに是枝ワールドを満喫できるであろう作品。
ミーハー気分でkumiちょと観賞して驚愕の印象を叩きつけられた。

今にも潰れそうなあばら家でストーリーは展開してゆく。
家族間の会話やテンポは重たく無くむしろ軽快ですらある。
リリーフランキーのだらしない男の感じがリアリティーに溢れすぎて、
それが怖いくらいに安定していて実写ムービーのようであった(笑

人生負け組のクズ野郎として万引きとババアの年金で生きる男。
だけどニセモノでもいいから父親になりたいと願う側面が憎めない。
嫁役である安藤サクラとの濡れ場ですら笑えた♬
その最中に子供達が帰宅するという家族あるあるが笑いを誘う。