2019/09/16

SOUYU STICK.


20190908 sun 琵琶湖で、Stand up paddle board

SOUYU STICK SKYWALK10’6’’
漕遊棒をゲットしました。kumiちょと琵琶湖へSUPです。
ヨーヘーちゃんのFACEBOOKでのSUP画像に感化されたのが本音(笑

湖東の宮ケ浜水泳場で遊んできました。
タンデムでツーリングしたり、ソロで交代しながら遊んだり♬
風もなく青空の下で素敵なSUP日和を堪能ました。 


サービスで電動ポンプが付いていたので助かるわ〜
インフレータブルSUPなので空気圧を10psi〜15psi入れればOKAY!
最初は10psiには程遠い空気圧に気づかず、SUPに立てずに苦労したよ(笑

2019/09/09

My birthday party 2019


201908013 天竜峡で迎える誕生日

父親が他界した年齢までようやく後一年になった・・・
そんな前夜祭的な誕生日は山で迎えたかったのだけど・・・
天候不順で八ヶ岳入山は中止にした・・・座骨神経痛の悪化も酷しね・・・

でも天竜峡の割烹いまだは優しく向かい入れてくれました♬
この地には日本屈指の役者達がいるのでパーティーの不安は微塵もない。
天竜峡の川下りを拝見して温泉でゆったりまったり時間を潰す♬

夜の帳が下りる頃にはいつもの暖簾をくぐれば笑顔で迎えてくれます(笑
僕的には日本中探してもこんなに和む飲み屋は他に見当たらない。
Iターンするなら間違いなく飯田でしょ〜(笑


2019/08/19

Stand Up Paddleboard 2019




20190810 日本海の若狭でSUPを楽しむ夏休み

今年は夏季休暇の初日にSUPを楽しんできました。
いつものホットスタイル小浜でツアーの予約♪
前回の高浜ではなく今回は若狭コースをチョイス。

当日は盛夏らしい快晴の日本海を楽しめました。
まだ台風10号の影響は無いのだが、少しウネリがあるのが気になった。
午後からのコース予約で、現地のツアースタートが13時半の予定であった。

お盆の高速道路渋滞も気になり、少し早めに出発したのだが・・・
京都縦貫道の渋滞に引っかかり、自宅から4時間半もかかってしまった!
ランチも取らずにダッシュで到着したのが13時半!(焦った〜

2019/08/15

Fireworks Display 2019


20190810 sat なにわ淀川花火大会2019

kumiちょ父から借りパチしている望遠レンズがあるんだ。
CANON EF 100 - 400mm zoom lens F 1 : 4.5 - 5.6。
ズームだからね、まだウン十諭吉レベルなのだけど・・・

単焦点400mmだったら・・・100諭吉以上は必須だよね~(汗
望遠をようやく使わせていただく機会がやってきたのだ♪
ベランダから三年ぶりの撮影は淀川花火大会なのでした♪

倍率の大きさにビビりながら、あれこれ設定を変えて楽しむ♪
7時半頃から8時半頃まで、ビールを楽しみながらの撮影♪
自宅マンションの各階のベランダからは騒ぐ声が多く聞かれる♪

2019/06/26

Firefly


 20190622sat - 23 sun 「ホタルの夕べ」

蛙の駅がプレオープンして二週間。kumiちょと共に再訪させていただいた。
今回の目的は蛍の撮影とオオサンショウウオの観察とBBQ宴である。
テントとシュラフとマットを持参して久しぶりの山中オーバーナイトである♬

結論の一つが表紙の画像なのだが、言い訳としてこの夜は蛍の飛翔が少なかった。
雨上がりと言う気象条件が悪かったのか? 答えは出なかった・・・
撮影スペックは、24mm / F4 / ISO 3200 / SS8秒で連写を繰り返した。

撮影した画像を帰宅後にフォトショップで比較明コンポジットする。
比較的、飛んでいた画像8枚ほどの合成でこの程度である・・・
決して素敵な蛍の飛翔画像じゃないけど、初めてにしては良しとしておこう(笑

2019/06/13

Frog's paradise



20190609 sun 「蛙の駅」

仕事仲間でもある友人が京都の山奥にカエルのテーマパークをオープンさせた。
何年も使われなくなっていた古い養鱒場&釣堀の敷地を契約したのだ。
クロウドファンディングで運営資金も集めた。 パトロン数は200名を越えた。

友人は釣具業界では名のある「デビル渡辺」という天才的な釣具開発者だ。
彼の相方は京都下鴨で「けろった」というお好み焼き屋を10年経営していた。
以前からカエルのイベントを主宰する等、カエル愛がスペシャルな女性である。

そんな二人が京都市右京区灰屋町由里という京都の辺境の地へと移り住んだ。
夢と希望を抱く二人だったが、渡辺を病魔が襲った。その名は「膵臓癌」。
余命は5年の生存率が10%を切っている。波瀾万丈の物語となるのだろうか・・・

2019/06/07

Usagi festival


20190601 sat 「京宿うさぎフェスタ」

「暮らすように泊まる京町家スイートルーム」
豪華なキャッチフレーズで、7年ほど前にオープンした京宿。
広々とした京町家の客室は全室スイート仕様である。

そんな贅沢な空間で年に一度のイベントが「うさぎフェスタ」
二条城の南西に位置する静かなお宿が展示会場に変身する週末。
多様なアーティストが参加して展示販売するワークショップ。

kumiちょが作家仲間と参加するので僕も途中から顔を出すことにした。
30組以上の作家が参加したイベントは多岐にわたるアートを楽しめる。
そして夕刻からはパーティータイムである。フリードリンクなのが素敵♬


2019/06/03

Melbourne Trip / Prison Break


20190427 sat - 0505 sun 「メルボルン最終日は脱獄ゴッコ」

レンタルアパートでの遅い朝。メイビーいつも通りね・・・
昨夜にコンビニで買ったカップラーメンを食する。
大盛りを買って食ったらいけない年齢なのを忘れていた(くっ苦しい・・・

そこにエイモンが起きてきて朝飯を探している。
昨夜コンビニで買ったはずのミーゴレンが見つからないという。
「僕のミーゴレン!」 と叫んでいたよ(笑
全員でアパート内をくまなく探すがミーゴレンの発見には至らなかった・・・

若いエイモンは軽くふて腐れるかと思ったが、彼はジェントルであった。
エリーには少し小言を言っていたが、僕たちには笑顔で「出発する!?」であった♬
エイモンの車に乗り込みメルボルンの最終日を満喫する1日を始めた。

2019/05/28

Melbourne Trip / Melbourne Victory F.C.


20190427 sat - 0505 sun 「メルボルンでの穏やかな休日」

メルボルントリップも残り僅かとなった日の夜。
エイモンが街に出てプロサッカーでも観に行く?と言った。
今回のトリップは僕的には全くのノープランで彼らにお任せだった。

エイモンは自宅の改造やハイキング以外にも趣味がある。
それがサッカーなのだ。彼はアマチュアサッカーを続けている。
僕もサッカー観戦は好きだし、それにメルボルンには本田圭祐がいる!

メルボルンヴィクトリーのチケットをゲットしてナイター観戦することにした。
キックオフが午後7時頃。それまではメルボルン市内で遊ぶことにした♬
海外ではローカルフレンドが案内してくれることが最も安心で楽チンなんだよね!

2019/05/25

Melbourne Trip / Mt. Baw Baw


20190427 sat - 0505 sun 「大自然の側で生きる至福」

エリーの実家で迎える遅い朝。若い二人はなかなか起きてこない。
僕とkumiちょは顔を洗ってゆったりと庭を散歩する。
散歩できる庭のある家に泊まったのは人生初である。

カラフルな野鳥たちが何種類も飛んでくる。遠くの草原には牛もいる。
エリーのパパはすでに出勤したようでいなかった。
それなりの会社を経営するCEOはどこの国でも忙しいのだろう。

朝食を食べるために母屋に向かった。エリーのママと挨拶する。
不思議なもので片言でも意思の疎通ができるようになると嬉しいね♬
努力して一年近く通った駅前留学は嘘つかないあるよ!(笑