2019/05/18

Melbourne Trip / Southernmost tip of the Australian continent


20190427 sat - 0505 sun 「オーストラリア大陸最南端」

タスマニア島の向こうには南極海が広がっている。
オーストラリア大陸の最南端のペニンシュラ。
ウィルソン・プロモントリー国立公園。

メルボルンでもっとも自然が豊かな地域である。
スルーハイクのルートは数多ある中でエイモンがセレクトしてくれた。
まあ、逆に言えば完全お任せな、おんぶに抱っこなツアーである(笑

前夜にランチのパウチの材料を調達し軽く調理しておく。
当日の起床は相変わらず遅い・・・午前7時頃かな・・・
熱いシャワーを浴びてゆったりとブレイクファーストを済ませて出発♬

2019/05/16

Melbourne Trip / Penguin and koala


20190427 sat - 0505 sun 「メルボルンを南下する」

メルボルンの中心街にあるMercure Melbourne Hotelでゆっくりと睡眠がとれた。
南半球であっても時差がほとんど無い国は到着後の疲労度も軽減される。
朝は7時に起床しチェックアウトする。

ロビーで待っていると懐かしい顔がやってきた!
エイモンが満面の笑顔で現れた。久しぶりのハグで時間は巻き戻される。
ホテルを出て車に向かうと、エリーの可愛らしい笑顔が迎えてくれた!

英語と日本語が入り乱れながら久しぶりの再会を四人で祝う♬
エイモンとエリーはこの一週間で多くのサプライズを用意してくれた。
僕たちはエイモンの車に乗り込みメルボルンを南下する旅を始めたんだ。

2019/05/14

Melbourne Trip / introduction


20190427 sat - 0505 sun 「世界一住みやすい街」

エイモンとエリーとの約束を守るために去年から計画していたトリップ。
世界一住みやすい街と表現されるメルボルンが楽しみでならなかった。
ゴールデンウィークの10連休を使って久しぶりの南半球を旅する。

日本から直行便で行けたら幸せなのだが、GWのエアチケットは超高額!
大手航空会社の直行便だと夫婦で往復50諭吉は当たり前・・・
ツアーでは無い! エアチケットだけでだ!!!
そこで我が家の大蔵省kumiちょは海外のLCCをネットで探しまくる。

で、落とし所がシンガポールのSCOOTであった。
往復共2回のトランジットで、エチケットは約半額になった。
その代わり2倍の移動時間がかかるという悲しい現実・・・


2019/02/27

See you !


2019 Feb  Let Me Down Slowly

かれこれ・・・あれこれ・・・発症してから・・・2年近く経つ・・・
座骨神経痛の症状(臀部痛と足の痺れ)が酷くなってきた。
整形外科にも整骨院にも通った。鍼治療でも結果は出なかった・・・

最近はビッコ引いて歩いている。階段を上るのにも苦労する始末。
ランニングとか登山とか今は考えられない状況になってしまった。
MRI撮って、そろそろ内視鏡手術に移行するべきだろうか???

日々のストレッチも欠かしてはいないのだが先が見えない・・・
「腰椎椎間板ヘルニア」なのか「腰部脊柱管狭窄症」なのか・・・
内視鏡手術でも数日間の入院が必要なのが辛い・・・

2019/02/17

Sea urchin illumination


2019 Feburari 「ウニのランプ」

先日、kumiちょが実家にバレンタインのチョコを届ける業務があった。
ついでに訪れてみたかったショップに寄ることにした。
その名を「ウサギノネドコ京都店」というシュールなショップなのだ。

自然の造形物を扱う店として、世界中からマニアックな一点物が集まってくる。
植物や鉱物や動物の頭蓋骨に至るまで、ある意味標本展示販売的な店なのである。
最もお勧めする標本が樹脂に閉じ込められた「たんぽぽの綿毛」である。
Sola cubeの植物のバリエーションは無数にある。
美しく輝いたその瞬間を閉じ込めた作品なのだ。

イルカやベンガルトラ、水牛やブッシュバッグの頭骨は圧巻である。
そして僕は可愛らしいお土産をゲットした。ウニの殻である。
下から透過光を当てた時の色や鮮やかさがシュールでハンパないのよ〜!
下記に画像を添付していますので、アートなウニの殻の再発見に驚いてくださいな♬


2019/02/11

Kyoto Miyama


 20190126 sat 京都美山かやぶきの里

入山予定のはずが起床遭難した日・・・年間に複数回あるのが常である・・・
ならば、とりあえず雪と戯れにドライブしましょう♬
大阪市内から近畿地方を北へ向かって車を飛ばすお昼前(笑

僕とkumiちょが大峰と同等に勝手に愛している山域が京都の美山である。
美山は奈良の大峰ほど標高のある山域はないが緯度は高い。
標高1000m程度でも雪深い厳冬の雰囲気を味わえるのでありがたい。

先日、購入したばかりのEOS Rを持参して雪のかやぶきの里を散策する。
この日は夜に雪中花火大会があるので午後からも観光客がどんどん増えてくる。
ここ美山も外人客(アジア圏)が近年多くなった。 観光バスも次々にやってくる。

2019/02/04

CANON EOS R


2019 January 「清水ダイブ」

去年の10月末に新発売となったCANON EOS R。CANON初のフルサイズ(3030万画素)のミラーレス機である。同じ頃にNIKONもフルサイズのミラーレス機であるZ7・Z6を発売している。
しかしSONYがフルサイズのミラーレス機では一日の長があり独壇場であった。スペックだけ見るとSONY α7より後発のCANONもNIKONも見劣りする。
だがカメラはスペックが全てではない。感性の部分が大きいと考える。そしてEOSには進化したRFマウントという新たな規格が採用された。
今までのEFマウントでは出来なかった自由度の高いレンズ設計が強みである。レフ機では都合の悪いことがミラーレスでは問題なく設計できるようだ。
ちなみに今回は新マウントに対応したRF24-105mm F4 L IS USMも同時にゲット♬
しかしFuji XT-1と比べてボディーとレンズで1.4kgはかなり重い・・・
その他にもボタン配置やダイヤル及び液晶レイアウトなど今までのEOSとはガラリと変わった。
会社ではCANON 5Dを使っているので使い方に戸惑うところが多々(汗
マルチファンクションバーはギミックとして面白い。隠しコマンド的発想でタップやスライドで設定を素早く変更できる!
電子ビューファインダーは間違いなくレフ機より使いやすい。露出設定などが反映された画像を確認できるのでシャッター切った後にモニターで確認する必要もない。あとモニターはスマホのようにタッチパネルなのよ♬
バリアングル液晶も使いやすい。ローアングルやハイアングルで活躍してくれるギミックだ。
秒速8コマ/秒はスペシャルじゃないけど必要にして十分な高速連写だと思う。
EFマウントを使えばCANONの膨大なEFレンズが使える。もちろんEFマウントは購入済みだ。
何故か?kumiちょの父がセミプロで山のような高級EFレンズを所有しているからだ(確信犯?
NIKONを選択しなかった理由は・・・まあ・・・お察しください(笑
次はRFレンズの広角の単焦点(RF35mm F1.8mm Macro IS STM)への
物欲がすでにフツフツとレンズ沼地獄が・・・

(上記画像は会社のCANON 5Dで撮影・F値は22)

2019/01/30

The General Assembly


20190112 sat - 14 mon 第二回・山より宴・関東連合総会

kumiちょが日本クラフト展に入選できたので上京することになった週末。
土曜日はkumiちょの叔父叔母宅の近所の埼玉・多摩湖畔のホテルで宴でした。
日曜日はチンタローとチミちゃん(横浜)のアテンドでミシュランな江戸前寿司のランチ♫

夜はタカちゃん&ミユキちゃん(都内)に泉ちゃん(千葉)、よーへーちゃん、トモゾーがジョイン!
短い時間でしたけど関東の仲間が集まって宴をできたのがとても幸せでした。
そやけど・・・
バット職人トモゾーと藍染作家・泉ちゃんの掛け合い漫才的フリートークは異次元でした(笑

銀座〜赤坂〜六本木〜渋谷と、お上りさんは久しぶりにお江戸を満喫できました。
現地の仲間がいればこそのトリップを堪能できるのですよ!
それに決して近くはない距離からジョインしてくれた二人にも感謝です。
 よーへーちゃん(静岡)、トモゾー(愛知)もありがとね!

2019/01/25

May your days be happy 2019 / Latter half


20181231 mon - 20190102 wed 北八ヶ岳・中日&下山日

氷点下の夜。無雪期と違ってテン場で遅くまで騒ぐ酔狂者はいない。
僕達も比較的早い時間に眠りについた。しかし眠りは浅かった・・・
テント内も当然氷点下なのだが寝汗をかいて身体が熱いのだ・・・

寝具はEXPEDのダウンマットにナンガ1000(800フィルパワー)である。
熱くてダウンパンツを脱いで下半身はパタゴニアのR1タイツのみ。
ダウンブーティーは真っ先に脱いでいる。
上もパタゴニアのフィッツロイダウンフーディー(800フィルパワー)を脱いだ。
なのでファイントラックの網シャツとパタゴニアR1とR3のみである・・・

それでもシュラフのジップを開けたり締めたりを繰り返した・・・
横で寝ているKUMIちょは顔部のドローコードを引っぱって目と鼻しか出ていない。
この夜の僕はまるで体温調整ができていないようだ・・・
八甲田山・死の雪中行軍も楽にクリアできそうな気分だったよ(笑
いわゆる・・・あれ?・・・更年期障害だろうか?・・・

2019/01/20

May your days be happy 2019 / First half


20181231 mon - 20190102 wed 北八ヶ岳・入山日

ご無沙汰しております。年明けからは怒涛の馬車馬ライフ邁進中であります(汗
仕事始めから展示会が続き、2月頭の大阪フィッシングショーまでは激務です!
毎年のこととはいえ、逃避行したくなるシーズンなのですよ・・・
海外のクライアントのアテンドとか、そりゃぁもう必死のパッチです(キッパリ!

さて、年末年始のお話をしたいと思います。毎年恒例ですからね。
当初はいつも通り赤岳鉱泉テン場をベースに遊ぶつもりでいました。
日本各地の山より宴な仲間にも会えますからね♬

しかし、タカちゃんが体調が優れずキャンセルとなり、
kumiちょも赤岳の岩場での暴風が怖いと言い出す始末・・・
では仕方ないとまったり縦走な北八ヶ岳で遊ぶことになったのですよ。